So-net無料ブログ作成
しごとたち ブログトップ
前の5件 | -

春になりますから [しごとたち]

この前、上司から呼び出しを受けた。何で怒られるのか、異動なのか、とドキドキしながら上司のもとへ行ったところ、栄転の打診だった。僕なんかが…と恐縮な気持ちで一杯ではあるものの、確かに他に誰がそのポジションをできるんだって話でもあるので、請ける方向としておいた。
が、今の職場で、アレもしたい、コレもしたいと意欲に溢れている時期に打診を受けたので、正直、微妙な感情もある。
それに加え、とある可愛がっている子が就活で悩んでいた時期に、「起業するゾ!」と焚き付けていた手前、その件の始末もある。

今のところ、70%の確率で異動。ただ、結局は、人事異動が発表されるまではわかんない状況でもある。

前向きになれない人たち [しごとたち]

同期入社の女史は、作家活動に忙しいらしく、仕事がいい加減。そのわりに、口を開けば「忙しい、忙しい」といかに仕事が大変であるかをアピールしてくる。
全くもって腹立たしい話である。
こちらはプライベートの時間を切り裂いて、それでも仕事が追いつかず、我武者羅に働き続けているというのに。
勿論、僕の働き方が正解であるとは思っていない。いないけど、我々の業種はサービス業であると考えるのであれば、そんなコトはできないとすぐにわかるはずなのに…。

…もっと書きたいコトはあるけど、今は時間がないので、続きはまたの機会に。

過労なんじゃないかと言われても [しごとたち]

超過勤務をしすぎると総務課から連絡がきて、Dr.の面談を受けなきゃいけなくなる。ま、労働安全衛生上、必要なんだろうけど、その基準ってどうなん?と思わなくもない。
時々、新聞で目にする過労死の判決なんかを見ると、なかなか複雑な気分にもなったり。ホワイトカラーのニュースなんかも、微妙。年棒でガンガンと働いたらいいような職場だけどさ。
こんな働き方をあと、何十年も継続するのは流石に無理だろうって思うぐらいには大人になったんですな。僕も。

で、Dr.の面談を受けても、ちっとも問題ないんですよねー。いや、問題あっても困るんですけどね。当然。
会社のなかでも突出して超過勤務が多いけど、他の社員が仕事多くて辛いなんてこぼしてたら、ホント、ぶん殴ってやりたい。それぐらいには、元気なんだな。

ただ、収入という見返りがこんなにないと、やっぱ、色々考えちゃう。

と、いうわけで、過労とは程遠く元気に今日も休日出勤だったのでした。

どっどどーど [しごとたち]

相変わらず…いや、それ以上に忙しい日々が続いているのです。
なんとかギリギリのところで回しているけど、もぅ、パンク寸前というイメージは否めない…。

一体、どうしてそんなにも忙しいのかって、自分でもよくわからず。原因がわかんないから、改善策を打つことも出来ず。悪いスパイラルに陥ってしまってるわけ。

仕事がこんなに忙しいと家庭のことまで手が回らず、妻は怒ってるんだろーなー。
それとも、また、浮気を疑われてるんだろーか。
浮気を疑われるのは心外だけど、怒ってるのはなー。反論のしようがないから。

お盆に実家へ帰るって伝えてしまったから、それまでに段取りだけ、つけなきゃ。

世界の隅っこから。 [しごとたち]

帰りの電車。
酔っ払いのおっちゃんがふらふら。
おっちゃんの上の蛍光灯はちかちか。

世界はそれでも、ぐるぐると回っている。

僕らはどこまでもちっぽけで、それでも、なんとか生きている。

不幸なニュースが毎日のように報道されてるけど、自分と地続きであることを感じている。

誰だって、生きるのに必死で、どうにか世界と折り合いをつけながら、やり過ごしてるんだ。


明日も、明後日も、その先もずっと。真面目に生きていきたいし、そうやって、愚直に方々の角にアタマを打ちながら、生きていく。
前の5件 | - しごとたち ブログトップ