So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

幸せになってくれたらいいんだよ [ぽんこつちゃん]

とある可愛がっている二人と、仕事終わりにちょっとご飯に行った。
本当は三人でご飯のつもりだったのに、上司が乱入。可愛がっている子のテンションが一気に下がっていたから、 「来るなよ」というのが正直なところだったけど、それもまた上司との関係が悪くなっちゃうので大人しく四人で行った。
その席で、可愛がっている二人が付き合っていることに気づいた。そう言われたら、その兆候はあったし、そのきっかけが僕であったことは明白ではあるのだが。
実は、可愛がっていた彼女の可愛がり方がハンパないと職場でも話題になったことがあるぐらい。ただ、僕自身としては、彼女の才能に惚れているとこらはあるものの、男女のソレの感情はほとんどなくて。まぁ、以前に失敗もあったので、成長していたということもあるわけだが。
普段から、所謂、以前からある性差とはかけ離れたところにいる。それは非常に歪んだ幼少期からのトラウマに起因するのだが、(いずれはそれについて書かなければならない時期もくるだろう)彼女への接し方も、まだ若い彼女には恋愛との境目がわからなかったのだと思う。結果、どうやら彼女は「恋愛」にカテゴライズしていたようだ。ただ、彼女もブラコン傾向があったりしたのが、お兄ちゃんと離れて暮らすようになったことと、将来に対する不安などで不安定になっていたことがあり、複合的な要因でそうなったのだと思う。
そんな彼女が、一緒にプロジェクトに取り組んでいる彼と付き合いはじめた。幸い、プロジェクトは3年間の計画で今年がラストイヤー。万が一こじれるようなことがあったとしても傷は浅い。もっとも、そのまま落ち着いてしまう可能性もないわけではないだろうけど。ただ、不安定な彼女なので、関係を継続させるのは大変だろう。ま、彼も彼で、これまで大変な子たちと付き合ってきているのだが。
本当に、みんなの幸せを心から願いたい。男女の問題なんて、結局は当事者同士でなんとかするしかないのだから。

幸せになってくれたらいいんだよ [ぽんこつちゃん]

とある可愛がっている二人と、仕事終わりにちょっとご飯に行った。
本当は三人でご飯のつもりだったのに、上司が乱入。可愛がっている子のテンションが一気に下がっていたから、 「来るなよ」というのが正直なところだったけど、それもまた上司との関係が悪くなっちゃうので大人しく四人で行った。

その席で、可愛がっている二人が付き合っていることに気づいた。そう言われたら、その兆候はあったし、そのきっかけが僕であったことは明白ではあるのだが。

実は、可愛がっていた彼女の可愛がり方がハンパないと職場でも話題になったことがあるぐらい。ただ、僕自身としては、彼女の才能に惚れているとこらはあるものの、男女のソレの感情はほとんどなくて。まぁ、以前に失敗もあったので、成長していたということもあるわけだが。

普段から、所謂、以前からある性差とはかけ離れたところにいる。それは非常に歪んだ幼少期からのトラウマに起因するのだが、(いずれはそれについて書かなければならない時期もくるだろう)彼女への接し方も、まだ若い彼女には恋愛との境目がわからなかったのだと思う。結果、どうやら彼女は「恋愛」にカテゴライズしていたようだ。ただ、彼女もブラコン傾向があったりしたのが、お兄ちゃんと離れて暮らすようになったことと、将来に対する不安などで不安定になっていたことがあり、複合的な要因でそうなったのだと思う。

そんな彼女が、一緒にプロジェクトに取り組んでいる彼と付き合いはじめた。幸い、プロジェクトは3年間の計画で今年がラストイヤー。万が一こじれるようなことがあったとしても傷は浅い。もっとも、そのまま落ち着いてしまう可能性もないわけではないだろうけど。ただ、不安定な彼女なので、関係を継続させるのは大変だろう。ま、彼も彼で、これまで大変な子たちと付き合ってきているのだが。

本当に、みんなの幸せを心から願いたい。男女の問題なんて、結局は当事者同士でなんとかするしかないのだから。

春になりますから [しごとたち]

この前、上司から呼び出しを受けた。何で怒られるのか、異動なのか、とドキドキしながら上司のもとへ行ったところ、栄転の打診だった。僕なんかが…と恐縮な気持ちで一杯ではあるものの、確かに他に誰がそのポジションをできるんだって話でもあるので、請ける方向としておいた。
が、今の職場で、アレもしたい、コレもしたいと意欲に溢れている時期に打診を受けたので、正直、微妙な感情もある。
それに加え、とある可愛がっている子が就活で悩んでいた時期に、「起業するゾ!」と焚き付けていた手前、その件の始末もある。

今のところ、70%の確率で異動。ただ、結局は、人事異動が発表されるまではわかんない状況でもある。

ぽんこつちゃんの帰宅 [ぽんこつちゃん]

ぽんこつちゃんは、普段から「逃げるように帰る」という技を使っている。脱兎のごとくである。メールを打っているなーと思った30秒後には職場を出ていたりする。僕が電話対応しているうちに、気が付いたらもういなかった、なんてこともしょっちゅうである。
なんで、そんなにすごい勢いで帰るのか、他のスタッフも理解できないので、直接聞いたりすることもあるけど、明確な答えが返ってきたためしがないのだ。どうも、片親らしい…という情報は本人から得ているものの、それが勢いよく帰るというのと、どうつながるのかわからない。

仕事柄、呑みの席も多いのだが、ぽんこつちゃんは極力、参加を避けようとする。正直、ソレも含めて仕事と割り切ってしまっている僕としては、なんだかなーと思うわけだが、そういった空気を読まないのがぽんこつちゃん! 彼女が「行く」と決めないと行かないという強情さは、考えてみれば、どの場面でもそうか…。給与をもらっている時間が仕事で、それ以外は仕事とも思っていないんだろう。いや、そういうのもわかるんだけど、相手先とも飲みながら色々と話をしながら、次のプロジェクトに繋がったりもするもんだと思うんだけどなー。コレって「昭和」なノリなのかなー。世代間ギャップなんだろうか…。

とはいえ、担当の関係で参加する飲み会もたまにはある。そういう場合は「ワタシ、もう終電なんで~」とさっさと帰ってしまう。

いやいや、君の最寄り駅の終電、こんなに早くないわ。

と思うんだが、大体、指摘するのも面倒になって、「はいはい」と流してしまう。でも、ぽんこつちゃんが担当したあるプロジェクトの打ち上げでは、本当の終電(笑)で帰っていたなー。思わず、「ちゃんと終電まで飲むことあるんだ」って言ってしまったけど、なんて返事がかえってきたのかは覚えていないな。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ぽんこつちゃんのバレンタイン [ぽんこつちゃん]

昨日は、バレンタインデーでしたね。以前は、女の子が勇気を出して男の子に告白する日でしたが、今や女の子が友だちにチョコを配る日になっているようです。うちの娘の友だちも、我が家のポストにチョコを入れてくれていました。ま、手紙も何も添えられていなかったので、ギョッとしましたが…。

そんなバレンタインデー。

ぽんこつちゃんは、うちの職場にやってきてから、毎年、手作りお菓子をみんなに配ってくれます。今年はガトーショコラを配っていました。

が、これが、どうにも微妙なフォルム…。

お菓子って、「正確」に「段取り良く」つくらなきゃいけないと思うんですが、コレってぽんこつちゃんの苦手なことですからねー。でも、一応、大人なんで「ありがとう」って受け取ってはいるのですが…。なんというか、某レシピサイトに写真が掲載されていたら絶対、スルーするやつですわ。

今回は、100均のカップケーキ用の型紙で作ったものを、これまた100均の小袋にそのまま突っ込んだものを手渡されたんですが…。さ、帰るゾって時になって急に「バレンタインデーなんで」って…。
いやいや、このタイミングでどうやってコレを持って帰れっての! まさか、小袋をブラブラ手に持ったまま帰れとな? 自分が持ってくる時は、紙袋に人数分を突っ込んで、持ってきたかもしれないけどさー。もらった人のこと、どうして考えられないのかなー? ま、そういうところがぽんこつちゃんの「ぽんこつ」っぷりなんだが。

ちなみに、予想どおりというか、鞄にそっと入れて帰ったけど、家で鞄を開けたら半分、潰れてました。ほら! こうなるでしょ? と写真を送ってあげたら気付いたかしら。ま、次の日に「すみません」って謝れても、来年には同じ状況だろうな(苦笑)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。