So-net無料ブログ作成

舞台上にひとり [アートな雰囲気]

とある劇場で、とあるダンサーのソロを観た。ちょっとばかり期待していたというのに、なんだか不完全燃焼。
なので、それは何故か検討してみたくなって、久し振りに書いてみる。

分断する音楽
ひとつの楽曲をベースにした創作ではなく、どこの国のいつの時代かもわからないようなミックス。ミックスするそれ自体は、問題ないのだが、重ねる音源が喧嘩してしまい、観客をどこへも連れて行ってくれない。ダンスという表現形態である以上、音楽の重要性は言うまでもないのに、それが作品への導入を困難にしているとはこれ如何に。

積み上がらない構成
摑みどころのないものが、積み上がっていくことによって、まったく予想しない方向へ連れて行ってくれることもあるのが、ダンスの面白いところ。ダンサーの体力的な問題があったためか、作品がブツブツと分断されている印象は否めず、それ故に積み上がっていかないように感じた。今回、ダンサーと振付家が同一であることから、作品全体の視線が確保できなかったことによるのか。センテンスを活かしながら再構築すると、別の強度を得られたかもしれないが。

説得力に欠けるスタッフワーク
とある演出家が、アフタートークで観客から舞台美術について質問があった際、「僕もよくわからないんですが、いいですよね」と仰っていたことがあった。完璧主義の演出家のことだから、彼のアイディアでないことは間違いないが、多様な解釈を生むデザインであるから採用していたのだと、僕は解釈している。では、今回の舞台美術はどうであったか。なんらかを体現していたのであろう予感はあったものの、それが何であったのか、わからないままであった。勿論、振付家の中ではその答えがあるのだろうが、構成の問題もあり、それは逆に思考を遮るものとなっていたようにすら思う。

ソロダンスは、舞台上で孤独との戦いだ。照明や、音響とのセッションは残されているものの、一身に全ての責任を負わされる。観客の視線も、極度に研ぎ澄まされたものになる。誰も助けてくれない舞台上、孤独と戦いながら、ダンサーは何を思うのか。観客ではあるが、表現者ではない僕としては、それは永遠にわからない。わからないがために、観客の視線で言いたい放題したくなるときもあるということさ。
とはいえ、お疲れ様でした。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。