So-net無料ブログ作成
検索選択

サンタが街にやってくる [家族とともに]

23日。
クリスマスイブ、イブ。
街中はクリスマス一色。

世の子供たちは、サンタが届けてくれるだろう、プレゼントを想像して、ドキドキ、ワクワクしている事だろう。

勿論、僕もかつては、そんな子供のひとりだった。いつからだっただろうか、僕の枕元にプレゼントを届けてくれているのは両親であると気付いたのは。妹が4つ離れていたから、そうだと確信してからも、口に出すことはなかったけど。でも、両親が隠している棚を見て、自分の希望が叶えられているか、事前に確認したりしたなー。

我が家も、娘が小6になり、妻が普通にクリスマスプレゼントの相談をしているから、不思議なもんだ。去年も、疑ってるのと、信じたいってのと、半々というカンジだったのに。ま、事実を知ってしまったことに気付かれると、プレゼントをもらえなくなるかもしれないという心配もあったんだろうけれど。

そんな訳で、今年のクリスマスは、これまでと少し変わる。

変わるけれど、子供たちには、ちゃんと伝えたい。サンタクロースは(多分)いると。
いるけれど、君たちが相談するように、欲しいものを配達してくれる便利な配送業者ではない。そんなamazonみたいなわけないじゃないか。

世界は広い。

サンタクロースが出来ることも限られるのは想像できるだろ? だから、本当に必要な子供の元にしか、行くことが出来ないんだよ。きっと。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。